2024年 07月13日 (土曜日)

カテゴリー

« 尾身茂前新型インフル等対策会議議長が講演 十日町に縁、国のコロナ対策で陣頭指揮 | メイン | 市民に不安を与えないよう取り組む 花角知事が定例会見で十日町病院分娩休止に言及 »

移住者は18世帯61人から92世帯164人に 市議会一般質問、関口市長が住み継がれる街の成果強調

170316_01.jpg

 十日町市議会9月定例会は6日に開会し、あす22日までの17日間の会期で開かれている。一般質問は11日から3日間にわたって行われ、星名大輔、山口康司、関口立之、大嶋由紀子、水落静子、富井春美、嶋村真友子、滝沢貞親、鈴木和雄、滝沢繁、吉村重敏の11氏が市政全般に関して関口芳史市長らの見解を質した。この中で関口氏が移住者への支援施策を問い質したのに対し、関口市長は「コロナ禍前の令和元年度の移住者は18世帯・61人だったが、昨年度は92世帯・164人だ」と強調、成果をアピールした。
〔写真:講演する尾身茂氏〕
《本紙9月21日号面記事より抜粋》

十日町新聞9月21日号は・・・・
▼コシヒカリ1等米は1割に満たず JAで米検査開始、高温障害で災害級の品質低下に危惧
▼合併に向け予備契約調印式 魚沼地区4JA、月末の臨時総代会で正式決定へ
▼柏崎刈羽原発の再稼働議論へ 新潟県が福島事故「3つの検証」総括を公表
▼原子力災害は万が一ではない 関口市長が市議会一般質問で再稼働について考え述べる
▼目標の納税額3億円も視野に 津南町議会一般質問、桑原町長がふるさと納税の増収に意欲示す
▼100歳の節目を祝う 敬老の日に関口市長らが表敬訪問
▼高齢者世帯用に火災警報器や消火器など寄贈 全国消防機器協会が中条地区振興会に
▼一人暮らし高齢者宅で防火指導 十日町消防、「火のソバから離れないで」とそばを配布
▼手作りの逸品が一堂に 越後妻有クラフトフェア
▼大掛かりな舞台で演芸ショー 4年ぶりに高山十五夜まつり
▼彫刻を通して社会奉仕をしたい 二科会会員の藤巻秀正さんが講演
▼地元小学生25人が出演 2023年の越後妻有、来月1日に上郷クローブ座で演劇作品上演
▼スノードルフィンが公開練習 松代地区以外からの参加者を募集
▼城ケ丘ふれあいバンドが熱演 十日町小児童を前にPTA有志が
▼老若男女の歓声が響き渡る 共生社会目指しボッチャ十日町CUP など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS