2024年 04月25日 (木曜日)

カテゴリー

« 移住者は18世帯61人から92世帯164人に 市議会一般質問、関口市長が住み継がれる街の成果強調 | メイン | 魚沼4JA、臨時総代会で広域合併を承認 組合員4万人超「JA魚沼」誕生へ »

市民に不安を与えないよう取り組む 花角知事が定例会見で十日町病院分娩休止に言及

230928_01.jpg

 花角英世知事と本紙が加盟する新県政記者クラブとの定例記者会見が20日に県庁記者会見室で行われた。本紙からは県立十日町病院について「分娩対応について来年4月から休止される事が県より発表された。常勤医師が不在の診療科もあり、住民の間ではさらに機能が縮小されるのではという不安が増している。この事は開校4年目を迎える県立十日町看護専門学校の運営にも影響を与えると思われるが、知事の考えを伺う」と質問し、花角知事は次のように答弁した。
〔写真:記者会見で答弁する花角知事〕
《本紙9月28日号面記事より抜粋》

十日町新聞9月28日号は・・・・
▼〈津南町議選〉選挙戦はほぼ確実、激戦の様相 投票まで1カ月弱、さらに新人擁立の動きも
▼津南町議会は暗いイメージ 月岡奈津子氏が町議選に出馬を表明
▼柏崎刈羽原発再稼働は来春か来夏 池内了前県検証委員長が対話集会で見解示す
▼JA十日町に仮渡金上乗せを要望 生産者団体が高温障害による1等米比率激減うけ
▼タイで津南町の食などPR エアージャパン就航イベントに町職員を派遣
▼交通安全をお願いします 安協松代支部、秋の運動で園児と甲冑武士が呼びかけ
▼手話への意識高めよう 北信越ろうあ者大会に向け市役所でライトアップ
▼救命救急、医療職に関心を 医師らが2中学校で初の出張授業
▼十日町福祉会がこども食堂を再開 ダイナムもコロッケ200食分を提供
▼庭野日敬氏像を清掃 生誕地まつりに向け「学ぶ会」が
▼故郷を愛する気持ちを次の世代に 東京松之山会、稲刈りツアーと交流会を開催
▼星峠の棚田で稲刈りとはざ掛け 世田谷から60人、地域おこし協力隊の星さんの招きで
▼つなホンが1日駅長に 来月7日からJR津南駅で
▼ARTISTAが出場権獲得 県U-11中越大会、苦難乗り越え8位通過で県大会へ
▼十日町市が税申告誤り 簡易水道事業会計、約730万円追加納付
▼市職員名乗り還付金詐欺 60代女性が約100万円被害 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS