2024年 06月23日 (日曜日)

カテゴリー

« ほくほく線ルートは魅力的な案だ 花角知事が年頭記者会見で高速鉄道検討委の新案に見解 | メイン | 子ども達が十日町の未来を創ることを大切に 西原県スポーツ推進審議会長が部活の地域移行講演会 »

基本理念は「想いを馳せ、与え続ける」 村山亮太JC十日町新理事長が所信表明

240118_01.jpg

 一般社団法人十日町青年会議所では13日午後2時から2024年度新年総会を、午後5時からは関口芳史市長代理、桑原悠津南町長代理、尾身孝昭・小山大志両県議等来賓、シニアクラブ会員、賛助会員などを招いて年賀交歓会をラポート十日町で開催した。一昨年に創立65周年式典を開催した十日町青年会議所は、新年からは第68代理事長に村山亮太氏が就任し、スローガンを「GIVE and GIVE」、基本理念を「想いを馳せ、与え続ける」とした理事長所信を発表した。
〔写真:新年総会で所信を述べる村山理事長〕
《本紙1月18日号面記事より抜粋》

十日町新聞1月18日号は・・・・
▼〈県中学スキー〉古豪復活・吉田中が男女リレーで優勝 個人は樋口幹都、小林由奈が制す
▼〈県高校スキー〉春日喜行、福原優香が優勝 リレーは男女とも十日町
▼児童扶養手当の支給など3件の誤り 市子育て支援課、6カ年にわたり
▼令和7年9月までに方向性を ニュー・グリーンピア津南の今後について桑原町長
▼議員が滞在し住民と懇談 津南町議会がだんだんで懇談会
▼建物被害は26棟に 十日町市、津南町の能登半島地震被害
▼市が被災自治体に支援 十日町地域消防も職員派遣
▼「とろけるチャーシュー丼」で優秀賞 惣菜屋ももたろう、お弁当・お惣菜大賞で2年連続受賞
▼チンコロ求めて長蛇の列 節季市、今後もキナーレ開催を継続
▼フカフカの新雪にダイブ 松之山温泉で奇祭「むこ投げ」「すみ塗り」
▼県高校発表会で最優秀賞、全国文化祭へ 十日町高校生物部が希少種の研究発表で
▼村越祐太郎が世界選手権へ 全日本障害者クロカンスキー大会で2種目2位
▼アルティスタ3年ぶり県大会へ 接戦制しブロック優勝果たす
▼用水路で中条の高齢男性死亡 / 中沢川に遺体、妻有町の高齢男性と判明 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS