2024年 06月18日 (火曜日)

カテゴリー

« 子ども達が十日町の未来を創ることを大切に 西原県スポーツ推進審議会長が部活の地域移行講演会 | メイン | 東日本台風クラスの洪水に対応 信濃川河川整備計画の変更案を協議会が決定 »

〈JA魚沼発足〉各地の強み生かし生産拡大を 十日町に本店、経管委会長は柄澤和久氏

240201_01.jpg 240201_02.jpg

 魚沼地域4JA(十日町、津南、越後おぢや、北魚沼)が合併した「JA魚沼」がきょう1日、発足した。本店を高田町6の旧JA十日町に置き、組合員4万人超、販売の取扱高は174億円でともに県内4位の規模。柄澤和久経営管理委員会会長(旧JA十日町)は記者会見で、コシヒカリに頼らない複合型経営やスケールメリットを生かした農業者支援、経済事業の推進などの経営方針を示した。来月1日にも上越、佐渡、北新潟の3地域で合併新JAの発足が予定されており、16あった県内のJAはこのたびの合併も含めて8つに再編される。
〔写真:会見に臨むJA魚沼の柄澤和久会長(左)と大平透理事長、JA魚沼の本店となった旧十日町本店〕
《本紙2月1日号面記事より抜粋》

十日町新聞2月1日号は・・・・
▼十日町警察署管内初の交通死亡事故ゼロを祝す 十日町地区交通安全協会が達成式典
▼〈十日町雪まつり〉会場を西小から総体駐車場に変更 少雪が影響、雪の芸術展は無審査に
▼里山協働機構に総務大臣賞 ふるさとづくり大賞、FC越後妻有の活動を評価
▼政治は結果が全て、結果こそが大事 梅谷守代議士が川西後援会で国政報告会
▼「たっしゃで100」継続を 廃止反対の署名活動展開、1500筆超える
▼新年度予算に向け要望 新潟県建設業協会十日町支部が市町に
▼地域活性化にと3千万円を寄付 日本ビジネスシステムズの牧田社長が十日町市に
▼「SDGs宣言」支援に小泉工業 大光銀行が取り組みを高く評価
▼夜の博物館にワクワク 十日町市博物館で初のナイトミュージアム
▼14回の歴史に一旦幕 なじょもんMyコレクション展
▼老若男女96人が新春ボッチャ大会で熱戦 今秋、県ボッチャ協会設立へ
▼わら細工を通して伝統文化を学ぶ 飛渡第一小、地域の人たちと一緒に全校児童が
▼11の飲食店が「食べて募金」に協力 集めた募金を共同募金会に贈呈 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS