2024年 04月13日 (土曜日)

カテゴリー

« 〈第75回十日町雪まつり〉昨年の1.5倍、4万6千人の人出 少雪で苦戦も、好天に恵まれ各地賑わう | メイン | 下条上新田で住宅火災 焼け跡から遺体見つかる »

「デフレ終焉」新トレンドに向かい民間支える 十日町市新年度予算案、一般会計は1.9%増の348億円

240229_01.jpg

 関口芳史市長は21日、市役所本庁舎で会見を開き、令和6年度の十日町市当初予算案を発表した。一般会計は総額348億4千万円で、前年度比6億3500万円(1.9%)増加した。国民健康保険特別会計(47億8800万円)や介護保険特別会計(78億6200万円)など特別会計を加えた総額は487億2900万円で、前年度比7億7300万円(1.6%)増。一般会計の増額は令和4年度以来2年ぶりとなった。
〔写真:令和6年度予算案を発表する関口市長〕
《本紙2月29日号面記事より抜粋》

十日町新聞2月29日号は・・・・
▼たっしゃで100の事業継続求め2135筆 市民有志の会が関口市長に提出
▼売り上げ1億円を目標に 十日町専門店会春の大売り出し、まるせんが決起集会で気勢あげる
▼新1年生にランドセルカバーなど 十日町地区交通安全協会が市町に寄贈
▼ざっくばらんに議員と懇談 津南町議会がだんだんで町民懇談会
▼新しいスタイルのフォトスタジオ カネコ写真館「Kaneko1936」が高田町1に移転新築
▼被災鉄道の「鉄印」販売 北越急行がのと鉄道支援で
▼交換留学生が帰国報告会 来年は十日町・コモ姉妹都市交流50周年迎える
▼JA魚沼十日町女性部が雑巾を贈呈 市内18小学校に743枚を
▼越村華奈さんが母校・東小に自作のカルタ 故郷十日町の魅力を伝えたいと寄贈
▼田沢小児童が能登半島地震へ義援金 贈呈式に合わせて日赤社の活動を学習
▼干支の辰年に因んで龍の地上絵 上野でハッピーな事をする会が上野小学校に
▼チンコロづくりで伝統行事学ぶ 鐙島小と吉田小が合同授業
▼強くなった村越を見てもらいたい クロカンスキー世界選手権出場の村越裕太郎選手選手壮行会
▼松代ファミリースキー場で初のスノボプライズテスト 5人が合格、女性初は十日町市民
▼高齢者がはねられ死亡 津南町十二ノ木の国道117号線で など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS