2017年 08月22日 (火曜日)

カテゴリー

« 十日町の冬の風物詩「節季市」 | メイン | 市職員を装った振り込め詐欺が多発  »

<市議会全員協> 退職金制度未加入は市入札に参加資格なし

070115_01.jpg

 今年初となる十日町市議会全員協議会が12日、松之山自然休養村センターで開かれた。全員協を市本庁舎以外で開催するのは初となる。同協議会では、建設業退職金共済制度に関する調査結果報告、国の合併補助金の補正大幅増方針への対応、旧織物会館用地の公募型プロポーザルコンペ、市長期財政計画の一部訂正、総合計画実施計画策定の中間報告、地域情報化企画提案会にかかる今後の対応について説明され、質疑が行われた。この中で、市入札参加条件の退職金制度に未加入の業者には、次回申請時(平成20年2月頃)から入札参加資格を与えないと明示。高速情報通信の企画提案会再開に向けては、ケーブルテレビだけに特定せずに、幅広く企画提案を受ける姿勢を示し注目された。
《本紙1月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月15日号は・・・・
▼地域情報化に対して若手経営者が緊急要望書 CATVなど固定的選択の一時棚上げを
▼きものの街のキルト展実行委員会に第9回街づくりファッション大賞
▼創立50周年記念事業を展開 十日町JC新年会で児玉理事長が方針示す
▼大地の芸術祭が第2回JTB交流文化賞を受賞
▼<中高一貫校志願状況>津南中等教育学校が定員割れ
▼クロカン世界大会に地元から5選手出場 トキめき国体、バンクーバー五輪に弾み
▼【ズームアップ】都道府県対抗駅伝に出場する田中陽介さん(中里中3年) など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS