2017年 11月25日 (土曜日)

カテゴリー

« 第三セクター決算 芸術祭効果等で多くが黒字転換 | メイン | お陰様で十日町新聞創刊100周年 »

市議会一般質問 バイオマス構想は平成21年に策定

060915_01.jpg

 十日町市議会九月定例会は11日から3日間にわたって一般質問が行われ、15人の議員が市政全般に関する田口直人市長らの見解を質した。この中で、川田一幸氏が資源循環型社会の構築を問い質したのに対し、田口市長は「バイオマス構想の策定を進め、平成21年3月の公表を目指したい」と意欲を示した。また太田祐子氏が川西高校に養護学校高等部を併設する可能性を質問したのに対し、村山潤教育長は「県の話では高等部の設置は遅れるとし、目処がつかないということであった。十日町小学校内のふれあいの丘学校についても、改築費用は十日町小学校の改築に合わせて、建設費用は市の方で負担してほしいということで、県の姿勢は後退した印象を持っている」と答弁し、難しい状況にあることを示唆した。
《本紙9月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞9月15日号は・・・・・
▼町民予算提案事業 「該当なし」に津南町議会一般質問で意見相次ぐ
▼津南町議選に藤木正喜氏が新たに名乗り
▼中山間地点在型には無線が安価で有効 情報インフラ活用セミナーで実験報告
▼低調だった「大地の祭り」 全体入り込みは23000人余り
▼最高齢は志賀さん、高橋さん 100歳以上の長寿者は過去最多の38人
▼県空手道選手権大会 地元3選手がはまなす全中へ
▼DVD54枚盗み十日町市内の男逮捕 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS