2017年 11月23日 (木曜日)

カテゴリー

« 市議会一般質問 バイオマス構想は平成21年に策定 | メイン | 「十日町病院の建物は修理で終わっている」 泉田知事が認識示す »

お陰様で十日町新聞創刊100周年

070920_01.jpg

 明治41年の創刊から今年で100年目を迎えた本紙「十日町新聞」の創刊100周年記念式典が16日、クロス10大ホールで挙行され、約230人が参集し一世紀に及ぶ節目を祝った。本紙は明治41年9月21日に創刊され、一県一紙の戦時休刊時代を除き、明治、大正、昭和、平成の100年にわたり、月6回、5日ごと発行の旬刊新聞として歴史を刻んできた。式典で挨拶に立った本紙第3代社長の山内正胤は「我が社の創業の初心は十日町地域の発展に尽くすこと。100周年にあたりこれを再認識し、社訓である『強い者に毅く、弱い者に優しく』を堅持し、次の200年に向け力強い一歩を踏み出す所存」と決意を述べ、100年を支えた読者や広告クライアント、関係者らに感謝の思いを述べた。
(写真:式辞を述べる本社・山内正胤社長)
《本紙9月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞9月20日号は・・・・・
▼十日町市定例記者会見 22日にキナーレで交通安全都市宣言
▼あかね会、壽福祉会が合併方針を発表 経営規模拡大で財政基盤強化を目指す
▼さらなる整備促進を要請 小千谷十日町津南線の期成同盟会総会
▼十日町を全国に海外に情報発信 きものの街のキルト展開幕
▼表敬訪問や敬老式など 敬老の日にちなみ各地で催し
▼十日町市緑道が県の健康ウォークロードに登録
▼北信越高校野球県大会 十高はベスト8で惜敗 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS