2017年 11月24日 (金曜日)

カテゴリー

« 町民の声を大切に議会運営を 藤ノ木新議長が方針語る | メイン | 塚田参院議員が初の国政報告会 »

市定例会見 器食同源をコンセプトに妻有焼を

071125_01.jpg

 田口十日町市長は19日、十日町市役所で定例記者会見を行い、①厚生労働大臣発言に対する十日町市の見解、②多重債務相談窓口の設置、③大地の芸術祭2008冬季プログラムの開催、④妻有焼事業計画、⑤Bフレッツ体験コーナーの設置の5項目について発表した。
(写真:定例記者会見で諸案件を発表する田口市長)
《本紙11月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月25日号は・・・・・
▼津南町赤沢に汚泥処理施設建設計画 環境問題で地元は慎重姿勢
▼中心市街地で最後の振興会設立 中央地区が中山博氏を会長として
▼新幹線から横丁へのキャンペーンを 飯山線の集いで鉄道の復権を考える
▼3つの視点で変わる日本の政治を考える 十高同窓会総会で田村氏が講演
▼絵馬を描き続けて12年 平野綱一元千手神社奉賛会長 
▼上野小6年生 卒業記念に地元ナカゴの土を使って焼き物カップ制作
▼インターハイをポスター掲示で盛り上げよう! 十高スキー部らが商店街に依頼 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS