2017年 10月17日 (火曜日)

カテゴリー

« 国体PRきのこが初出荷 | メイン | 「観光は間違いなくこの国の形を変える」 国交省の水嶋課長が講演 »

泉田知事「厚生連を軸に」と明示

080625_01.jpg

 十日町市の田口直人市長と小堺清司市議会議長、尾身晴夫健康支援課長らは24日に県庁を訪れ、泉田裕彦県知事に「十日町病院の運営主体は厚生連を第一候補としてご検討頂きたい」とする市長と議長連名の要望書を手渡し、地元の思いを伝えた。田口市長はこれまで、県の必須条件である「公設民営」を受け入れ公的病院による運営主体を要請していた。他に動きが無い中、積極姿勢を示す厚生連は二度にわたり市に要望。田口市長もここにきて、実績や市民にも馴染みがあることから厚生連が最有力との考えを固め、堀内理事長による市議会説明会を経て、この日の連名による要望書提出となった。泉田知事は「要望のあった厚生連を軸に具体的な条件を詰めていきたい」と述べるなど、地元の意向を尊重する姿勢を示し、新病院問題は新たな段階へと踏み出した。
(写真:泉田知事に要望書を提出する田口市長ら)
《本紙6月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月25日号は・・・・・
▼十日町病院問題は新たな段階へ 田口市長と小堺議長が運営主体を県に要望
▼最終目標は毎秒150トンの流量 信濃川をよみがえらせる会が総会決議でアピール
▼県提示の“たたき台”は現状の275床 第4回十日町病院等検討会
▼奥平、高橋、藤田の3人が市長に挨拶 青年海外協力隊の参加者を市長が激励
▼国体PRのきのこ新包装が完成 トッキッキも参加して初出荷式
▼寿福祉会が設立20周年 関係者80人が参集し節目祝う 
▼警備の中「靖国」上映スタート/深夜に住居侵入の少年逮捕 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS