2017年 12月11日 (月曜日)

カテゴリー

« 夏の風物詩・石彫シンポジウムが開幕 | メイン | JA十日町営農生活・物流センターが起工 »

妻有焼陶芸センターで火入れ式挙行

080805_01.jpg

 今年の10月4日に市内野中にオープンする「妻有焼陶芸センター」の登窯火入れ式が3日、旧野中小学校体育館で挙行された。同火入れ式には泉田知事が来賓として参列し、妻有焼による新たな産業興し、陶芸家の輩出、交流人口の増加など、地域プロジェクトのモデル事業として期待を寄せる祝辞を述べた。「妻有焼陶芸センター」は昨年度と今年度の2ヵ年で登窯、穴窯、灯油窯、電動ろくろ、陶土製造機、陶芸教室、職人養成工房などが整備され、今秋にオープンする。
(写真:3人の来賓による登窯の火始めの儀)
《本紙8月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月5日号は・・・・・
▼「十日町おにぎり」創作を目指し 十日町YEG主催のB級グルメ講演会
▼津南町議会が議会報告会の住民意見を報告 町執行部に回答求める
▼インターハイ走り高跳びで小島亮(十高)が自己新で優勝
▼20年ぶりに本市で県消防大会 技術向上めざしポンプ操法競う
▼注目の「セグウェイ」体験パーク ベルナティオが今月末まで開設
▼十日町石彫シンポ参加作家紹介(上)-居上真人さん-
▼十日町署上半期犯罪状況/西地区青少年育成会が設立 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS