2017年 12月11日 (月曜日)

カテゴリー

« 六本木に「桜花道場カフェ」が開店 | メイン | 「民営なら厚生連」は馴染めない 塚田十日町病院長が講演会で懸念 »

松代病院を県内僻地医療のモデルに シンポで布施前院長訴える

081205_01.jpg

 県立松代病院主催の「地域の医療を考える会」が先月29日、市内松代のふるさと会館で開催され、廊下の臨時席も満杯となる約200人が参集した。同会では同病院が地域住民を対象に実施した「看取り」に対するアンケート結果が報告され、鈴木善幸県立松代病院長をコーディネーターに前松代病院長の布施克也県立小出病院長や医療関係者、地元住民がパネラーとなったシンポジウムが行われた。魚沼地域の医療高度化に向け過渡期にある現状に不安の声が上がる一方、布施氏は県内ネットワークシステムの堅持が重要とし「松代病院は県内僻地医療のモデルになって欲しい」と訴えていた。
(写真:松代で行われた「地域の医療を考える会」)
《本紙12月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月5日号は・・・・・
▼信濃川中流域水環境検討協・次回協議会は延期に JRの不祥事が影響
▼六本木に「桜花道場カフェ」開店 雪まつりのPR,地場産品販売など
▼柔剣道の正式試合機能案盛り込む 中里地域体育館建設を考える会
▼<食育のつどい>健全な食生活を目指そう 料理コンクールは太田さんが最優秀賞 
▼知らなかったでは済まされない 映画「闇の子供たち」阪本監督が舞台挨拶
▼中里中男子が北信越中学駅伝で準優勝 悔しさ乗り越え有終の美
▼鋼材の下敷きになり犬伏の男性死亡/定額給付金装う詐欺に注意 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS