2017年 11月25日 (土曜日)

カテゴリー

« 宮中ダム発電取水の全量停止を 信濃川をよみがえらせる会がJRに要請 | メイン | <十日町市長選>関口芳史後援会発会式に1000人超参集 »

県財政は厳しいが可能な限りの予算組む 村松県議が後援会川西支部の新春の集いで

090205_01.jpg

 村松二郎県議の後援会川西支部では1日、市内川西のコミュニテーセンターで新春の集いを開催、後援会の会員200人が参集した。同会には高鳥代議士、塚田参議院議員、田口十日町市長、小野峯生県議会副議長、藤ノ木津南町議会議長らが来賓として出席した。星名富一川西支部長が席上で緊急提案を行ない、4月に行なわれる十日町市長選挙に田口直人氏を推薦する事を満場一致で決めた。
(写真:新春の集いで挨拶する村松県議)
《本紙2月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月5日号は・・・・・
▼信濃川発電所不正水利問題で市と市議がJR本社に要請書
▼十日町市がプレミアム付地域振興券を計画 定額給付金に合わせて発売 
▼<十日町雪まつり>記録的少雪で対応に苦慮 制作団体らが追加運搬を要請
▼<冬季国体>本番に向けて歓迎ムード上昇 雪不足で吉田競技場にダンプ300台搬入
▼シン駐日インド大使が十日町市を訪問 ミティラー美術館の長谷川氏に感謝
▼宮尾彩子(総合高)が悲願のインターハイ初制覇 宮沢大志(十高)も健闘3位
▼平成20年労災は20%増の90件/齋木正義元市議会議長逝去 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS