2017年 06月28日 (水曜日)

カテゴリー

« 市議会で村山潤氏を副市長に同意 | メイン | 第4回大地の芸術祭が開幕 »

芸術祭専用「ふるさと納税」サイトを福武財団が製作中

090725_01.jpg

 関口芳史十日町市長による定例記者会見が21日、市全員協議会室で開催され、「ほくほく線十日町トンネル沿線の地盤沈下調査測量結果」「住宅リフォーム補助金増額」「大地の芸術祭」について発表し、記者からの質問「十日町病院問題」「妻有陶芸センター」「イントラネット事業」「清津川水問題」に答えた。この中で、26日から開幕する第4回大地の芸術祭に向けて、総合プロデューサーの福武總一郎氏が理事長を務める財団法人が携帯電話からも使えるサイト上で芸術祭専用の「ふるさと納税」の全申込が完了する寄付&会員コミュニティ「越後妻有サポートサイト」の立ち上げを準備している事などが示された。ネット上でクレジットカードを利用し「ふるさと納税」決済が全て完了する専用サイトは全国初となるだけに注目される。
(写真:定例記者会見を行う関口市長)
《本紙7月25日号1面より抜粋》

十日町新聞7月25日号は・・・・・
▼客を迎えるもてなしの心が大切 大観光交流年で権代講師が講演
▼住民主体で「十日町ブランド」めざす 本市アドバイザー就任の藤崎氏が講演
▼喫煙や薬物、断る勇気を 水沢中で上村氏が薬物防止教室
▼新潟駅前で芸術祭をPR 東小4年生が妻有アピールキャラバン隊として
▼今年10月に棚田サミット 主催者が来市し現地視察
▼人気のキックボクササイズ 中里総合型クラブ主催で初開催
▼46年ぶりの皆既日食 郡市内でも三日月型の太陽
▼市内で新型インフルエンザ確認 女児1人が感染 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS