2017年 12月16日 (土曜日)

カテゴリー

« 夏の風物詩・第15回石彫シンポが閉幕 3作品が完成 | メイン | 崖下に自動車が転落 高校生ら4人死傷【第2報】 »

地域との合意形成が必要 病院問題で泉田知事が指摘

090830_01.jpg

 泉田知事は27日、本紙など11社が加盟する新県政記者クラブと記者会見し、十日町病院の移転・改築問題、トキめき国体の成功への知事の決意、不況下での建設業の振興策と社会資本整備への考え、継続した災害を将来に生かす教訓は、三条市嵐川橋掛け替え工事の施工ミスなど県のミスへの考えなどの質問に答えた。十日町病院問題に対しては、厚生連と十日町市との意見の対立は無い、今やるべきことは地域の医療体制、医師が来たくなる医療環境、地域住民が安心して過ごせるような医療環境をどう作るかの合意が必要、この合意が出来れば県はきっちりとサポートしていく、と答えた。
(写真:記者会見で答弁する泉田知事)
《本紙8月30日号1面より抜粋》

十日町新聞8月30日号は・・・・・
▼<大地の芸術祭>22日間で14万4200人が来訪 前回上まわる勢いで後半へ
▼宿泊客100万人を達成 開業13年目の当間高原リゾート
▼参加者増大して盛大なおおまつりに 東京十日町会会員もまつりを堪能
▼遅延金含め6870万円の賠償に 十日町病院麻酔過剰死訴訟は和解へ
▼スーパー「チャレンジャー」が出店 市内高山に来年3月開店予定
▼十日町地域を中学野球のメッカに 第8回十日町カーニバル開催
▼連載「大地の芸術祭めぐり」川西地域 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS