2017年 08月22日 (火曜日)

カテゴリー

« 最大焦点は「政権選択」 衆院選新潟6区に4氏が立候補 | メイン | 地域との合意形成が必要 病院問題で泉田知事が指摘 »

夏の風物詩・第15回石彫シンポが閉幕 3作品が完成

090825_01.jpg

 8月1日に開幕された「第15回十日町石彫シンポジウム」の作品が23日に完成し、同日に駅西中央通りに設置され、完成を祝う除幕式が行われた。完成し設置されたのは浜田彰三氏の「わらしこ」、本多正直氏の「SEED OFPEACE・雲の上から」、阿部光成氏の「川に抱かれて」の3体。これで石彫プロムナードの作品は71体となり、大地の芸術祭と相俟って、芸術・文化の香る街として、全国に誇れる規模となった。
(写真:本多正直氏の「SEED OFPEACE・雲の上から」)
《本紙8月25日号1面より抜粋》

十日町新聞8月25日号は・・・・・
▼新潟6区 筒井、高鳥が熾烈な一騎打ち 先行筒井を高鳥が必死の追い上げ
▼<お盆の客足>大地の芸術祭が集客を下支え 芸術祭関連施設中心に好調
▼専門プログラマを養成 (株)スリーエスが委託受け初開校式
▼芸術祭の焼きかりんとうが人気 ワークセンターなごみはフル生産で嬉しい悲鳴
▼三箇小の最後の夏を楽しむ 学区住民らが閉校前の思い出つくり
▼甲子園に輝かしい足跡! 日本文理の村山(十中出身)が準優勝メンバーに
▼連載「大地の芸術祭めぐり」松之山地域 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS