2017年 08月22日 (火曜日)

カテゴリー

« 拠出金と水利権交渉は関係ない 市長がJR東不正取水で決意示す | メイン | 小林津南町長が引退を表明 »

病院問題の市長決断は今年度中か 12月市議会一般質問

090615_01.jpg

 十日町市議会12月定例会の一般質問最終日が9日、阿部晃一、藤巻誠、小野嶋哲雄、太田祐子、小林均の5氏により行われた。この中で、十日町病院問題について「熟慮中」を繰返す関口芳史市長に対し太田氏が決断のタイムスケジュールを質し、関口市長は「今年度中が一つの大きなポイントになると思う。できるだけ早いタイミングで第三者的機関からもご意見を賜り、決断していきたい」と示し注目された。またJR東日本信濃川発電問題で信濃川中流域水環境改善検討協議会が示した維持流量「毎秒40トン以上」は水利権が取消され拘束されないのではと質した藤巻氏に対し、関口市長も「数字にこだわらず進めていくべきと考えている」と拘束されない認識を明示し、「JRも含む信濃川のあり方を考える検討委員会を設置したい」と示し注目された。
《本紙12月15日号1面より抜粋》

十日町新聞12月15日号は・・・・・
▼一次産業を救うことが地球を救う 農水委員長就任祝賀会で筒井信隆氏
▼三セク・松葉荘を3月末清算 4月から(有)まるいちが経営引継ぎ
▼新年から市民説明会も開催 JR問題で関口市長が方針示す
▼疾病予防の大切さを訴える 唐澤日本医師会会長が医療講演会で
▼公務員に冬のボーナス 市職平均は8万6000円減の74万円
▼吉田XCスキー場に全国初のスターティングハウス 現地で上棟式と必勝祈願祭
▼お店とお客が忘年会で交流 とおかまち逸品会が忘年会お店めぐりツアー
▼県絶滅危惧種の水生昆虫発見も こども里山学会で地域の魅力再認識
▼ユニホッケーで小学生6チームが全国へ/イルミネーションアラカルト2009 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS