2017年 08月19日 (土曜日)

カテゴリー

« 参院選新潟選挙区 民主、自民が議席分け合う | メイン | 信濃川の未来をテーマに十日町JCが市民討議会 »

鉢の県道で土砂崩れ

100716_01.JPG

 16日午前2時ころ、市内鉢第2の県道真田高島線の道路に土砂が崩れ通行できなくなった。現場は絵本と木の実の美術館(旧真田小学校)近くで、幅員7.4メートルの道路に土砂が長さ約150メートル、厚さ50から60センチほど堆積した。道路山側の田圃に降雨があり大量の水と土砂が流れ落ちたものとみられる。
 県道は土砂崩れ箇所付近で通行止めとなっているが、集落内を通る迂回路がある。午前8時30分から土砂の撤去作業が行われている。
(写真:撤去作業が進む土砂崩れ現場)

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS