2017年 08月22日 (火曜日)

カテゴリー

« 石彫作品3体が完成し除幕式 石彫シンポジウム | メイン | 大地の芸術祭の再構築を目指す 第5回に向け検討協スタート »

八箇峠トンネル十日町工区の安全祈願祭

100905_01.jpg

 国道253号・八箇峠トンネル十日町工区の安全祈願祭が30日午前10時30分から、市内八箇で挙行された。祭祀は原天満宮の中川宮司が執り行った。安全祈願祭には県十日町振興局の藤澤局長、関口十日町市長、井口南魚沼市長、尾身県議ら行政関係者と建設を担当する鹿島建設、村山土建ら工事関係者、八箇地区住民が参列した。上越魚沼地域振興快速道路「八箇峠トンネル」は、全長約2.8㌔で、南魚沼市側から先行して約1.6キロが掘削されており、十日町市側から1212㍍の掘削が始められることとなった。平成25年3月の完成が予定されている。
(写真:安全祈願祭で玉串を奉奠する関口市長)
《本紙9月5日号1面より抜粋》

十日町新聞9月5日号は・・・・・
▼クロス10、キナーレの改修計画など 関口市長が市議会全員協で説明
▼地域協を廃止し振興会1本化へ あり方検討部会が中間報告提示
▼参院選再選を祝い納涼会 水落敏栄参院議員が出身地の下条で
▼日常の身体活動と行動変容に着目 上村病院の2人が日本人間ドッグ学会で高評価
▼21世紀の生き方ち未来像を考える 女優の益戸さんらが火焔まつりでトークショー
▼英国学生が十日町でロケ 日本の学生ら協力し、想い出の地で卒業映画撮影
▼作品展示販売スペースを新設 市内伊達の村山大介陶芸研究所
▼12ヵ月連続新曲リリースに挑戦 十日町出身歌手の高野千恵さん、8日に第2弾
▼鉄道テロを想定した旅客救命訓練 北越急行がAPEC閣僚会議に合わせて など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS