2017年 10月21日 (土曜日)

カテゴリー

« 行方不明女性が遺体でみつかる 死因は凍死 | メイン | 十日町小へ発達支援センターを併設 関口市長が記者会見で発表 »

十日町市観光協会が一般社団法人に

101225_01.jpg
 一般社団法人十日町市観光協会の設立総会が22日、ラポート十日町で開催された。これは今までの十日町市観光協会では組織力の強化や収益事業事業の拡大には限界があることから、組織力と収益力の強化を目指す必要があり、法にもとづく社会的認知を得た法人格を取得し、事業の自立化を目指したもの。これにより社会的な認知度が高まり、収益事業への取り組みが今まで以上に可能となる。
(写真:設立総会で挨拶する村山会長)
《本紙12月25日号1面より抜粋》

十日町新聞12月25日号は・・・・・
▼増放流合意は先送り 東電・清津川分水発電問題、県調整も2市平行線
▼十中金管打楽器8重奏が金賞 県アンサンブルコンテスト
▼貝野小、馬場小、東小が全国大会へ 県リコーダーコンテスト
▼小銭を共同募金市支会に贈呈 十日町老ク連、13年間で総額1千万円超
▼園児の心身の発達に役立てて ジャスコ十日町店がつくし園に玩具寄贈
▼青少年の健全育成に協力を 青少年育成委員が年末特別巡回
▼サンタさん、プレゼントありがとう 北RCが幼・保育園を訪問
▼焼け跡から焼死体 川西高倉で深夜の住宅火災
▽JR発電再開、新十日町病院は現在地に 特集「この1年を振り返る」 など


平成23年1月1日号は新年特集号24ページ!
主な記事は・・・・・
▼今年の「きものサミット」は十日町市で開催 きものフェスタに合わせ4月15日に
▼こだわりの米作りで需要拡大を 津南町が「津南認証米」制度を23年産米から開始
▼総事業費は526億5千万円 市政の羅針盤、後期基本計画
▽写真で振り返るミス十日町雪まつり
▽うさぎ年 元気に娑婆を 飛び跳ねよう! 新春放談
▽厳しい経済下でも躍進する地元企業 クローバフォー、新潟アライ
▽地域の魅力、再発見! 移住者、Uターン者が妻有の土地を語る
▽予想の3倍、93万人が来場 瀬戸内国際芸術祭 
▽ギタリスト、作曲家として活躍 GRANRODEO・飯塚昌明さん
▽新春文芸作品展 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS