2017年 08月22日 (火曜日)

カテゴリー

« 病院規模拡大の必要性を示唆 タウンミーティングで泉田知事 | メイン | 雪上カーニバルは午後5時開演に 十日町雪まつり18日開幕 »

来年3月の国指定目指し始動 市中心市街地活性化基本計画策定へ

110210_01.jpg

 魅力ある“まちなか”について考える十日町市主催「中心市街地の活性化を考える市民シンポジウム」が1日、十日町商工会議所多目的ホールで開催され約120人が参集した。市では改正中心市街地活性化法に基づき、来春3月の国認定を目指し「十日町市中心市街地活性化基本計画」の策定に乗り出している。関口芳史市長は長年の懸案であった旧娯楽会館と旧田倉の被災廃墟ビル問題の抜本解決を報告し「この解決なくして市街地活性化の話はできないと思っていた。今こそ最高のタイミングで最後のチャンス」と思いを示し、市民に主体的に計画作りとまちづくりに参画するよう呼びかけた。
(写真:市民シンポで挨拶する関口市長)
《本紙2月10日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月10日号は・・・・・
▼住宅密集地で旧織物工場が倒壊 市が緊急措置で空家の雪下ろし
▼「繭の家」が雪で倒壊 市内蓬平の大地の芸術祭空家作品
▼全日本スキー選手権クロカン競技開催 関口市長が定例会見で発表
▼東電が漁協に回答 西大滝ダム水利権更新問題
▼城ヶ丘で十日町雪まつりの安全祈願祭 10㌧車1460台の雪で舞台製作 
▼ラーメンの知名度も上げよう! 19日からキナーレで第1回十日町ラーメン博
▼160万部発行の教本で紹介 根茂レースが「職場の教養」の表紙&巻頭に
▼郷土料理と地域の絆を後世に―。 上野地域で「大縁会・絆定食」開催 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS