2017年 03月23日 (木曜日)

カテゴリー

« 維持流量を減らし発電増を緊急実施 JRと東電の4水力発電所 | メイン | 産業・経済界への対応が重要課題 市長が地震災害対応示す »

樋口利明元市議が立候補を表明 県議選は選挙戦に

110325_01.jpg

 来月1日に告示され、10日に投開票が予定されている県議選十日町市・津南町選挙区に、元十日町市議会議員の樋口利明氏(56)が立候補を表明し、22日、クロス10で記者会見が行われた。定員2人の同選挙区は村松二郎(56)、尾身孝昭(58)の両自民現職以外に名乗りがなく、無投票再選が確実視されていたが、樋口氏の立候補表明により、一転して激しい選挙戦に突入した。会見の中で樋口氏は選挙戦については自民以外の政党に推薦を求めている段階と説明。そして「地域内外で閉塞感があり、特に地方は長期低落傾向から抜け出さない。現状を憂える一人として大胆な政策提示を行い、最新の民意を受けた者による開かれた県議会であるべきだ」と主張、自民の議席独占阻止に意欲をみせた。
(写真:記者会見で政策を発表する樋口氏)
《本紙3月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月25日号は・・・・・
▼風間参院議員が被災地を視察 住宅支援など十日町市、津南町が要望
▼東北被災地への支援活動の輪広がる 2集落で「米一升運動」、うどん炊出しも
▼市民556人から4トントラック8台分の支援物資 十日町JCの募集に応えて
▼宿泊キャンセル被害額は5800万円 市内宿泊施設地震被害
▼そば打ちで気分転換を 川西地域で福島からの避難者を励ます会
▼松代の断水解消、松之山は今月中に復旧 十日町市・津南町の地震被害
▼放射能対策にもっと危機感を 福島原発事故うけ市民団体が市に要望 
▼クロス10に常設の法律事務所を開設 来月から市の弁護士空白区域を解消
▼地域マネージメント機能の導入を 第3期開始の中山間地直接支払いで研修会
▼十日町商工会議所が通常総会/宅建協主催で集合住宅セミナー開催 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS