2017年 05月01日 (月曜日)

カテゴリー

« 産業・経済界への対応が重要課題 市長が地震災害対応示す | メイン | 津南町が東北被災者に住宅と農地を無償貸与 »

2議席めぐり現新が三つ巴 県議選十日町津南選挙区

110405_01.jpg

 新潟県議会議員選挙が1日に告示され、10日の投開票に向け9日間の選挙戦に突入した。十日町市・津南町選挙区では、届出順に5期目を目指す自民党現職の尾身孝昭氏(58)、無所属新人で元市議の樋口利明氏(56)=民主党と国民新党推薦、社民党支持、6期目を目指す自民党現職の村松二郎氏(56)の3氏が立候補し、2議席を巡り三つ巴の戦いとなった。当初は現職以外に立候補の動きが無く無投票の公算が強まる中、元市議の樋口氏が告示10日前の先月22日に出馬を表明。大震災の影響もありこれまでに例の無い、ほぼ前哨戦無しの短期決戦による選挙戦へと突入した。有権者数は3月31日現在で十日町市が4万9872人(男性2万4152人、女性2万5720人)、津南町が9316人(男性4475人、女性4841人)の計5万9188人となる。
(写真左から:市内で第一声をあげる尾身氏、樋口氏、村松氏)
《本紙4月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月5日号は・・・・・
▽無風から一転、短期決戦に 自民現職2氏に民主推薦新人が挑む
▽県議選特集「私は支持します」
▼市道除雪「費用は市、管理は町内」 市道除雪住民負担検討委が提言書
▼住民の訴え退けられる 十日町トンネル地盤沈下訴訟
▼栄村で炊き出しと後片付けボランティア 十日町商議所青年部らが
▼大会遠征費を震災義援金に 十高空手道部が市に20万円寄付
▼松之山中尾集落に感謝状 地震による地すべりから人命救う
▼知られざる夢二の世界を ニュー・グリーンピア津南で「竹久夢二展」開幕
▼心からありがとうと伝えたい 松代、松之山消防分遣所で閉所式
▼滝澤酒造が震災復興願い3Dラベル新酒/平成22年度市褒賞授与式 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS