2017年 03月24日 (金曜日)

カテゴリー

« 市が緊急経済対策第一次案 低迷する地元経済支援に1.1億円計上 | メイン | 地震災害には早急に対応する 筒井副大臣が災害現場視察 »

病院整備計画は地元とともに 尾身県議が新年度記者会見

110430_01.jpg

 4月の統一地方選で5期目の当選を果たした尾身孝昭県会議員は、25日に市内高山の事務所で恒例の年度初めの記者会見を開いた。新潟県の平成23年度予算の説明と当地域管内の主要な工事、各部局の主要事業予算、新十日町病院建設の今後の動きなどに言及した。新年度一般会計予算は1兆2224億円で、平成22年度2月補正予算158億円を加えた総額は1兆2382億円となり、22年度当初比プラス175億円は13カ月予算として切れ目のない対応とした。
《本紙4月30日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月30日号は・・・・・
▼網場を設置し流木を防ぐ JR東日本宮中ダム魚道構造改善検討委
▼6月から義務化、早期設置を 住宅火災警報器管内普及率は51.5%
▼JR飯山線がGWに全線再開 連日300人が24時間体制で復旧作業
▼吉田地区に初の高齢者介護施設 地域ニーズ応え来月1日から開所
▼県議会議長に村松二郎氏 5月18日臨時会で就任へ
▼中越地震のお返しを クロス10で東北復興応援セール
▼「ひまわりの種をわけて」 東北被災地から津南町に照会相次ぐ
▼来月22日に「雪の中のしろうさぎ」凱旋上映会、よしもとチャリティライブも
▼まずは「あいさつ」から 下条小・下条中で小中一貫教育がスタート など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS