2017年 02月27日 (月曜日)

カテゴリー

« 議長に小堺氏、副議長に庭野氏 市議会議長・副議長選 | メイン | 中心市街地の活性化を市民討議 十日町JC主催で声なき声を集約 »

支持者のお陰、議長の大役を精一杯やる 村松県議が抱負

110520_01.jpg

 4月の県議選挙で6期目の当選を果たした村松二郎氏は15日、市内本町6の村松後援会十日町事務所で記者会見を行った。会見では県議選での支援と当選のお礼を述べ、18日の県議会臨時会で第89代新潟県議会議長に就任する予定で「20年間私を育ててくれた支持者の皆さんのお陰で議長にさせていただいた。これまで支えてくれた人たちの期待に応えるべく精いっぱいやりたい」と抱負を述べた。
《本紙5月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月20日号は・・・・・
▼松之山-津南間が再び不通に 「留守原の棚田」で地すべり、拡大する地震土砂災害
▼市文化財に3件を指定 等顔屏風は展覧会を開催
▼笹山への思いを後世に伝える 憩いの場「ゆっくり広場」が完成
▼新潟県産ギフチョウ標本2200点を寄贈 東京多摩市の岡部さんがキョロロに
▼市内の復興に役立てて 飲食2組合が市に義援金
▼十日町ナツメロ愛好会が設立40周年 立ち上げた諸里氏思い出語る
▼第3回坂口安吾まつりin松之山 被災した大棟山美術館に60人参集
▼音楽を通して仲間づくりを 千手の森少年少女合唱団が団員募集
▼野焼きが延焼 林野や農作業小屋など焼失 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS