2017年 09月21日 (木曜日)

カテゴリー

« 支持者のお陰、議長の大役を精一杯やる 村松県議が抱負 | メイン | JA十日町は新役員体制で船出 新代表理事長に徳永敏氏 »

中心市街地の活性化を市民討議 十日町JC主催で声なき声を集約

110525_01.jpg

 十日町青年会議所(馬場浩一理事長)主催、十日町市と市教委が共催する「とおかまち市民討議会2011」が22日、千手中央コミュニティセンター・千年の森で開催された。市民討議会は無作為に選出した市民の意見を市政に反映させるサイレント・マジョリティ(声なき声)を集約する手法として注目されており、市民参加型行政が定着しているドイツが発祥地となる。この日は無作為選出された市民26人に推進役が加わり、6人ごと5班に分かれ、「とり戻そう!賑わいのある中心市街地」をテーマに討議した。討議結果は現在進められている市役所内関係各課による活性化有効施策の協議・検討結果らと共に、中心市街地活性化基本計画の第1次素案作成に反映される予定だ。
《本紙5月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月25日号は・・・・・
▽街づくりは腕力勝負の覚悟必要 牧之通り組合長の中嶋氏語る
▼公立保育園の統廃合計画まとまる 関口市長が定例記者会見で発表
▼増築竣工と開設10周年を祝う 特養ほくほくの里が30床を増床
▼松乃井酒造場と津南醸造が金賞 唯一全国規模の清酒鑑評会で
▼6期12年の桑原会長が勇退 市消費者協、後任に村山エツ子氏
▼第63回三軌会展 写真の部で樋熊フサ子さんに新人賞
▼被災地食材で花見パーティ 肩肘張らない飲食支援に100人参加
▼「雪の中のしろうさぎ」凱旋上映会 岩尾望さんら出演者が舞台挨拶
▼レッドカーペット登場 映画凱旋上映会に先立ち など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS