2017年 09月21日 (木曜日)

カテゴリー

« 災害復旧や放射線検出問題に質問集中 津南町9月議会一般質問 | メイン | 昨年上まわる11000人来場 越後妻有クラフトフェア »

晒川ダムは中止、代替え案が優位と判断 市議会一般質問

 十日町市議会平成23年第3回定例会の一般質問が12日から14日の3日間にわたって行われ、15人の議員が市政に対する一般質問を行った。初日の12日、最初に庭野茂美氏が質問に立ち、十日町市7・28豪雨災害について、市内保育施設の土壌等放射性物質の調査と今後の対策について関口市長に質問した。二人目の安保寿隆氏も豪雨災害について質問し、晒川ダム計画の中止後の治水、利水の考えを質した。
《本紙9月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞9月15日号は・・・・・

▼会員の英知結集し難局乗り切る 川西商工会が創立50周年記念式典
▼質問噴出の地元住民説明会 県が田川・晒川の災害復旧計画を説明
▼晒川ダム中止の代替案 治水・利水の概要計画を提示
▼16日から運転再開 JR飯山線の豪雨災害運休区間
▼定数削減案を再び否決 津南町議会9月定例会
▼<敬老の日>最高齢は108歳の高橋きよさん 十日町・津南長寿番付
▼世界一のつるし雛がお披露目 様々な思い込め、NGP津南に
▼女子砲丸投げで十高の星名選手が優勝 全国定時制陸上競技大会
▼市長賞は金子真子、関口颯斗さん 発明工夫模型展 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS