2017年 08月22日 (火曜日)

カテゴリー

« 四日町新田に新庁舎を建設へ 十日町地域消防本部 | メイン | 竜ヶ窪水販売計画を全うしたい 上村町長が議会で改めて姿勢示す »

「サンヨ、サンヨ」と威勢良く 多聞天裸押し合い祭り

120305_02.jpg

 十日町市の冬の風物詩の一つである「多聞天裸押し合い祭り」が3日、市内川原町の来迎寺境内で行われた。豪雪で本堂の屋根雪が危険で中止されたこともあったが、昨年、今年と除雪が行われて、昨年の雪の中とは打って変わって晴天の寒空の中での押し合いとなった。
 来迎寺の略縁起によると、十日町で初めての裸押し合い祭りが行われたのが明治16年と記録されている。昭和31年元旦に弥彦神社で福餅撒きで死者124人を出す大惨事が発生したのを機会に、それまで水野町の聖衆院で行われていたものを、同じ組寺で広い境内の来迎寺に移して今日に至っている。
 小学生、中学生の押し合いの後に、多聞天青年部による勇壮な裸押し合いが開始され、「サンヨ(撒与)サンヨ」の掛け声で押し合いながら、年男によって撒かれる賞品が書かれた木札を奪い合った。五穀豊穣、商売繁盛、諸願成就を祈る祭りが終わると、春が少しずつ春が近づいてくる。  
《本紙3月5日号2面より》

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS