2017年 11月23日 (木曜日)

カテゴリー

« 「サンヨ、サンヨ」と威勢良く 多聞天裸押し合い祭り | メイン | 技能労務職は民間委託化を進める 市議会一般質問 »

竜ヶ窪水販売計画を全うしたい 上村町長が議会で改めて姿勢示す

120305_01.jpg

 津南町議会3月定例会が29日に開会。一般質問は初日から2日間行われ、14氏が質問に立った。質問は大手コンビニが竜ヶ窪の名水の商品化を計画している問題、豪雪対策、放射性物質対策、災害復旧、保育園の統合問題などに集中。竜ヶ窪の水問題では、同社の水使用について水利権を持つ地元2集落の住民の半数が反対していることが明らかになる中、同計画の実現に積極的な姿勢を示してきた上村憲司町長の意向に注目が集まった。伊林康男、桑原悠両氏の質問に対し、上村町長は「願わくはこの計画を全うさせて頂き、津南の明日のために強固な基盤を作りたい」と、引き続き同計画の実現に向けて住民の理解を得ていく考えを示した。また、一般質問の様子はインターネットの中継サイト「Ustream」(ユーストリーム)で初めてライブ中継され、3500件超の視聴があった。予算ゼロでの議会可視化の取り組みとして関心を集めている。
《本紙3月5日号1面記事より抜粋》
(写真:竜ヶ窪水販売計画への思いを語る上村町長)

十日町新聞3月5日号は・・・・・
▼命懸け評価と同等昇給が常態化か 市議会総文委で勧奨退職優遇措置巡り質疑
▼格差是正とデフレ脱却を図ろう! 連合十日町支部が春闘総決起大会
▼松代高校の倍率は1.25倍に 公立高校の一般選抜志願状況
▼圧雪に強い「アーラクスコ」 丸山工務所が自社開発スコップを寄贈
▼クマは日本の生態学の頂点 森山まり子日本熊森協会長が講演
▼57年の長きにわたる学校医 下条小で「山口先生感謝の会」
▼津南雪まつりに過去最高8200人の人出 町外誘客の取り組み強化が奏功
▼おまつり広場に歓声が響く 多彩にかわにしほんやら雪まつり
▼代表作・北のセメント工場を展示 まちなかギャラリーの第3弾・石川吉郎展
▼廃屋から男性の遺体 未明に旧織物会社女子寮で火災 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS