2017年 06月25日 (日曜日)

カテゴリー

« 被災地がれきは受入れないと上村町長 津南町議会一般質問 | メイン | 懸案の定数を4人減の26人に 十日町市議会 »

中心市街地活性化基本計画に大きな一歩 NPO法人「にぎわい」設立

120620_01.jpg

 市と十日町商工会議所が進めている中心市街地活性化基本計画の策定に法的に不可欠な組織・中心市街地整備推進機構の役割を担う、NPO法人「にぎわい」の設立総会が18日夜、同会議所で開催された。今後、にぎわいと十日町商議所で十日町市中心市街地活性化協議会を設立、同協議会の意見を基本計画に反映させ、10月に基本計画を国へ申請、12月の認定を目指す。にぎわいは中心市街地で活動する組織・団体を結びつけ、賑わいの創出や活性化を目指すことが目的の組織。初代理事長に就任した関口純夫氏は「怒涛のように人を連れてきて、めちゃめちゃ混み合う街を作りたい。若手からたくさんのアイデアが出ている。できることから一つひとつやっていければ」と抱負を語った。
(写真:設立総会で抱負を語る関口理事長・左)
《本紙6月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月20日号は・・・・・
▼「雪美人」のさらなる発展を誓う 津南町ユリ切花組合20周年記念式典
▼JR宮中ダムの新魚道が完成 3タイプの魚道、注目の魚道観察室
▼再稼動反対の意見書を否決 原発再稼動問題で津南町議会
▼議員定数「26人」か「24人」か 十日町市議会が削減案を22日に採決
▼パスポート購入第1号は和久井さん 作品鑑賞パスポート、15日から発売
▼樋熊清治さんを偲び送る会 多くの関係者が出席してありし日を語る
▼悲願のメジャーデビュー決定 ベストパートナーが地元ライブでファンに報告
▼つつじ原公園でお花見会 30日まで公園まつり開催中
▼富井勇さんが3年連続の金賞 十日町皐月盆栽会さつきまつり
▼9社4人を表彰 優良安全運転管理者事業所等表彰式
▼ツバメ雛がタイヤからは巣立ち 本当の巣立ちも目前か など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS