2017年 08月22日 (火曜日)

カテゴリー

« 中心市街地活性化基本計画に大きな一歩 NPO法人「にぎわい」設立 | メイン | 地域中核病院のモデル病院目指す 県が十日町病院整備計画案を説明 »

懸案の定数を4人減の26人に 十日町市議会

120625_01.jpg

 十日町市議会第2回定例会は最終日の22日、市議会議員定数条例について採決を行い、現在の法定上限定数30人から4人減の26人とする案を賛成多数で可決した。定数については26人とする案と6人減の24人とする2つの案が議員提出で示されたが、起立採決の結果、26人案に17人が賛成、可決された。定数26人は来春に予定されている市議会選挙で適用される。市議会では議会改革特別委員会(川田一幸委員長)を設けて定数問題を協議。市内各地の地域協議会会長などを招いての公聴会を開催して市民意識の把握に努めてきた。これらを踏まえた市議会各派の代表者による会派長会議で意見調整を行ってきたが一本化には至らず、この日の採決で決着をつける形となった。
(写真:起立で26人案に賛成する議員)
《本紙6月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月25日号は・・・・・
▼<市議会一般質問>25年度から全市統一の新除雪制度、住民負担ゼロと市長
▼2014年問題、地域と鉄道会社が一緒に考えて 公開講座で大野副知事
▼十日町で直下型地震の可能性 協和建設安全大会講演会でト部新大准教授
▼少年補導功労者として村山達三氏を表彰 29年間健全育成と非行防止に尽力
▼青少年留学生交換とフォト展応募を コモ姉妹都市交流協会が総会
▼十日町高校同窓会東京支部が総会 昭和39年卒の田辺氏が新支部長に
▼役員功労で池田洋一氏に感謝状 接客業防犯組、小林会長が事件・事故撲滅を誓う
▼ミゲーロ画伯来場、現代国際巨匠絵画展開催中 ユーモールで25日まで
▼願い事が叶いますように… 千年の湯で園児が七夕飾り など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS