2017年 08月18日 (金曜日)

カテゴリー

« 地域中核病院のモデル病院目指す 県が十日町病院整備計画案を説明 | メイン | 津南町見玉に水工場建設計画 コンビニ大手・ファミリーマートが »

晒川に上流土砂防ぐ砂防ダム建設 洪水被災者ら出席し安全祈願祭

120705_01.jpg

 昨年7月の新潟福島豪雨災害で甚大な洪水被害が出た晒川で2日、土砂や木が下流に流れるのを防ぐ砂防堰堤工事の安全祈願祭が市内古寺沢地内の建設予定地で行われ、県や下流域の住民、工事関係者ら約20人が工事の安全を祈った。上流部に建設予定だった生活貯水用ダム・晒川ダムについて国交省は同日、正式に事業の中止を決定。県は替わりの治水対策として砂防堰堤の建設と川底を掘り下げて流量を増す河川改修を行う。上流には現在も不安定な土砂や流木など約8万㎥が残っており、地元からはこれらの下流域への流出を防ぐ同堰堤の早期完成が切望されている。
(写真:鍬入れで工事の安全を祈願する関係者)
《本紙7月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月5日号は・・・・・
▼今年こそ目標300万人突破を 市観光協会総会で村山会長が強調
▼竜ヶ窪から見玉の湧水に変更 大手コンビニが津南町で再び水商品化計画
▼遡上する魚に子どもら歓声 宮中取水ダムの新魚道「観察室」を一般公開
▼市職員平均は61万2千円、総支給額は3.6億円に 公務員に夏のボーナス
▼改造EV(電気自動車)実現プロジェクトに着手 グループ夢21ものづくり部会が
▼総合優勝は小千谷市の横山歩美さん 第31回十日町小唄日本一優勝大会で
▼宮城県の水産会社が絵本「きぼうのかんづめ」寄贈 支援感謝し十日町市に
▼ポリ袋で美味しい“ごはん”炊けた 食生活改善推進委がサバイバル料理に挑戦
▼「2年後のソチ五輪を目指す」 クロカン井川純一選手、応援する会発足で決意語る
▼イケメン優勝は島田薬局のやっちゃん にぎわいサタデーの新規イベントで など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS