2017年 02月24日 (金曜日)

カテゴリー

« 国道253号「松代道路」が全線開通 交通難所がついに解消 | メイン | 十日町市は潜在的な可能性あり 経産省審議官らが中心地視察 »

<衆院選>乾坤一擲の戦い、絶対に勝つ 高鳥修一氏が事務所開き

121130_01.jpg

 来月4日公示、16日投開票の衆院選・新潟6区に立候補を表明している自民党の高鳥修一氏の十日町事務所開きが24日、市内高田町6の宮嶋薬品跡で行われた。選対役員ら支持者約60人が参集、同党の山本一太参院議員も応援に駆けつける中、高鳥氏は「この3年間、民主党のマニフェストはほとんど実行されず、書いてない消費増税は実現された。こんな政治が続けば日本は終わってしまう。前回の選挙のけじめを、嘘をついた政治家は罰を受けるんだと示して欲しい」と民主党政権を痛烈に批判、「私の師・安倍晋三先生が自民党総裁に返り咲いた。安倍先生と力を合わせてもう1回この日本を立ち上がらせたい」と訴え、支援を呼びかけた。
(写真:ガンバローコールで気勢をあげる高鳥氏ら)
《本紙11月30日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月30日号は・・・・・
▼宮中新魚道の改善効果を確認 約1ヵ月調査で22種12000尾が遡上
▼信濃川の水復権と脱原発 津南町で水郷水都全国大会開催
▼河口から5キロ間の河川改良 新潟福島豪雨の羽根川、事業費20億円で
▼松井定延氏に法務大臣表彰 人権擁護委員としての功労が認められ
▼グループ夢21が市長と情報交換会 企業設置奨励条例の拡大など要望
▼新しい風、みなぎる元気を伝える 震災復興願って地区総出で飛渡フェスタ
▼盛大に第13回十日町市民茶会 晴天に恵まれ、きもの姿で溢れる
▼貨幣文化の歴史をたどる 市博物館で西野繁さんが初の古銭展
▼死角とエンジン音の大きさを体感 下条小で市内初の除雪車対応教室
▼布紙芝居おむすびころりんが完成 北新田5人の女性仲間が など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS