2017年 12月11日 (月曜日)

カテゴリー

« レスリング五輪存続めざし署名活動 十日町後援会を中心に市も全面協力 | メイン | 20余年で駅西土地区画整理事業が竣工 »

堆肥センター建設は仙田地区では困難 市議会一般質問

090615_01.jpg

 十日町市議会3月定例会は11日から3日間にわたって一般質問が行われ、仲嶋英雄、村山邦一、小野嶋哲雄、太田祐子、鈴木和雄、小林弘樹、宮沢幸子、北村公男、安保寿隆、川田一幸、藤巻誠の11氏が市政全般に関して関口市長らの見解を問い質した。この中で川田氏が懸案となっている堆肥センター建設問題を問い質したのに対し、関口市長は「仙田地区の旧大倉集落地内を候補地として説明会を行ってきたが、1集落から受け入れ難いとされ、地区振興会からも取りまとめは難しいとの報告を受けた」と述べ、同地区での推進は困難との見方を示した。
《本紙3月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月15日号は・・・・・
▼<市議選>重野順司氏が出馬表明 多田氏が出馬取消し、3人超過に
▼消費増税、TPP反対など訴える 重税反対全国統一行動十日町集会
▼大震災追悼セレモニー「忘れない」を挙行 東日本大震災・県境地震から2年
▼長野県北部地震で善光寺地震の木札発見 松之山小谷の相沢家土蔵から
▼津南町の今井城跡が県文化財に 文化財保護審議会が県教委に答申
▼宮嶋会長退任、水落勉氏が新会長に 建築組合&職業訓練協会総会
▼幻想的な2.5万本のキャンドル 雪原カーニバルなかさと賑わう
▼南国の指宿市児童に初「雪」贈る 十小児童の協力で友好都市交流
▼松代蒲生で住宅火災 ボイラーの煙突付近から出火 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS