2017年 09月20日 (水曜日)

カテゴリー

« 新十日町病院の基本設計発表 全館開業は平成31年12月に | メイン | 840人が出席し盛大に 尾身県議の副議長就任祝賀会 »

宿泊施設や観光地は好調維持 お盆の入込み

130829_01.jpg

 お盆期間が平日となり前後の週末と接続して長期連休となった今年のお盆。郡市内の主な観光地・施設は第5回大地の芸術祭期間中だった昨年と比べると、多くの施設で入込みが大きく減少。十日町市のまとめによると、市内の観光入込みは前年比44%減の4万2867人となった。一方、長期連休により人の動き自体は活発で、当間高原リゾートなどの大型宿泊施設は好調だった前年並を維持、ひまわり広場、清津峡渓谷トンネルは前年を大きく上まわり、市民プールは猛暑も手伝って前年比35%増の人出で賑わった。
(写真:約1万7千人の人出で賑わった津南町ひまわり広場)
《本紙8月29日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月29日号は・・・・・
▼JR共生策「十日町食品工場」着工 米粉の菓子製造、来年秋に稼動予定
▼不登校減少や予防に改善効果 小中一貫教育のモデル校区発表会
▼昨年の市内中学生48人が不登校 県教育庁が学校基本調査を公表
▼女性90人が担ぐ女万灯が抜群の人気 威勢良く十日町おおまつり
▼コモ市からの8人が市内観光を体験 大民謡流しでは見事な踊りを披露
▼福島徳治氏が初代会長に就任 十高空手道部に待望のOB会設立
▼なでしこの先輩に続け! U―16日本女子代表が当間で合宿
▼大学での活躍を誓う インターハイやり投げ3位小島選手が市長を表敬訪問
▼10人の小学生が100キロ踏破 猛暑の中、4泊5日で生きる力を醸成
▼子ども達の人間関係育成にも一役 笹沢少年消防クラブが防災キャンプ など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS