2017年 03月26日 (日曜日)

カテゴリー

« 伝統の松代大相撲初場所千秋楽 土俵入りに三役揃い踏み、弓取り式も | メイン | 夏秋は「毎秒60〜100トン」で問題なし 信濃川あり方検討委 »

中心市街地活性化を連携により取り組む 十日町商議所が年賀交歓会

150129_01.jpg

 十日町商工会議所(丸山秀二会頭)の年賀交歓会が22日、クロステンで開催された。来賓として関口市長、高鳥代議士、塚田参院議員、尾身県議、川田十日町市議会議長、同議員らが出席、同会議所会員を加えて240人が参集した。丸山会頭は年頭に当たり我が国の経済情勢などを解説、「本年も地方経済や中小企業の経営環境の改善について、商工業の発展はもとより、地域の魅力向上と活性化に向け、経済総合団体として商工業や地域から信頼される商工会議所を目指して努力してまいる」と挨拶した。
(写真:年賀交歓会で挨拶する丸山会頭)
《本紙1月29日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月29日号は・・・・
▽【国保診療所医師退職問題】2医師と市の主張に食い違い 再度取材し水かけ論の波紋探る
▽松之山は体制が決まり次第示す 関口市長が後任の医師問題等答弁
▽合併前と合併後の信頼構築に違い 市議会厚生環境委で診療所2医師退職問題
▼清津川全量放流は検証の好機 湯沢発電所屋根崩落、取水再開の見通し立たず
▼津南の天然水が国際デビュー JAL国際線での提供決まる
▼若い世代に引き継ぐ活動を 連合十日町支部らが新春旗開き
▼本選出場者12人が決定 十日町きもの女王コンテスト
▼伝統の松代大相撲初場所千秋楽 土俵入りに三役揃い踏み、弓取り式も〔動画あり〕
▼詩吟の樋熊秀行さんが日本一に 全国コンクール高段者の部で優勝
▼孟地小の伝統を引き継いで 松代小6年生が伊沢和紙で卒業証書作り〔動画あり〕
▼クロカン世界選手権に宮沢大志、小林由貴出場 津南町で小林選手壮行会 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS