2017年 08月18日 (金曜日)

カテゴリー

« 中越大震災から10年の復興・感謝をテーマに 第66回十日町雪まつり、あす開幕 | メイン | <十日町市>一般会計補正予算に5.8億円を計上  地方創生関連に計22事業 »

一般会計は1.3兆円 県新年度予算は人口増加、地域産業育成を推進

150226_01.jpg

 泉田裕彦知事は18日、新潟県庁で記者会見を行い、平成27年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は1兆3016億円で平成26年度当初予算より2669億円減少しているが、中越大震災復興基金償還の3千億円を除くと331億円(2・6%)の増加となる。県内経済の持続的な発展や将来に希望の持てる魅力ある地域社会の実現に向け、県独自の施策を積極的に展開するとともに、消費税率引き上げの増収分を活用した社会保障の充実等に対応することを歳出のポイントとした。
(写真:新年度予算案を発表する泉田知事)
《本紙2月26日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月26日号は・・・・
▽晴天に恵まれ昨年のリベンジ果たす 十日町雪まつりは延べ30万人の人出〔動画あり〕
▽市長賞はアウト・ドア・ファミリーとあてま有志の会 雪の芸術展〔動画あり〕
▽延べ2万8千人を魅了 2年ぶり再開の雪上カーニバル〔動画あり〕
▽田中、渡邊、荒川さんが栄冠に輝く 第4代十日町きもの女王コンテストで
▼松之山診療所の4月以降の体制説明会開く 国保川西、県立支援で週5日半日診療へ
▼開業医など医療構築や維持に支援、若者定住用ハウスも 注目の市新規事業
▼更新期間10年、水温28度に決意 あり方検討委報告書を受け関口市長
▼澤野利弘氏に厚生労働大臣表彰 十日町地域初、労働保険の功績に対し
▼燕と十日町の若者が交流会 まちづくりなどで意見交わす
▼遥おひなさまコレクション展開催 平野礼子さんが中心商店街で
▼屋根雪の重みで家屋全壊 高齢男性閉じ込められるも奇跡的に無傷 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS