2017年 04月28日 (金曜日)

カテゴリー

« 春の叙勲は樋口氏ら郡市5人に 筒井、大渕氏は旭重、危険業務叙勲も | メイン | 尾身孝昭氏が新潟県議会議長に就任 »

新たな共生時代への幕開け JR東・冨田社長と関口市長が覚書調印

150514_01.jpg

 JR東日本と十日町市による「信濃川の河川環境と水利使用の調和に関する覚書」の調印式が8日、市役所大会議室で開催された。調印を終えたJR東日本の冨田哲郎社長と関口芳史十日町市長は固く握手を交わし、新たな共生時代へのスタートを切った。この後、小千谷市でも同内容の覚書調印式が行われ、JR東日本は6月30日に期限を迎える水利権更新に向け申請書を同日午後、国交省北陸地方整備局に提出した。冨田社長は「将来に向けての新しい共生の姿をこれから創り出していく」と力強く述べ、関口市長もこれまでの誠意ある同社対応に感謝し「良きパートナーとなれた。さらに素晴らしい関係を創っていきたい」と意欲を示していた。
(写真:調印を終え固く握手する関口市長と冨田社長)
《本紙5月14日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月14日号は・・・・
▼<GWの入込み>長連休、好天で入込み増加 市内は前年比4.8%増の11万1千人
▼残雪と新緑のコラボ 一方で雪敬遠で客足遠のく、松之山美人林
▼尾身県議が県議会議長に内定 18日の臨時議会で正式に選任へ
▼交通死亡事故ゼロ3千日は8月 中里地区建設業協会、春一番交通安全大会開催
▼交通安全の輪を広げよう 川西地域で指導所を開設
▼最大積雪深は松之山支所427センチ 十日町市今冬集計、死者3人、重傷者24人
▼若者受け入れと子育て支援がキーワード 藻谷浩介氏が「里山のチカラ」を講演
▼初の苗場山麓ジオパークガイドが誕生 試験合格した町内外38人に認定証授与
▼にしさん公園が完成し開演式 西本町3丁目、石彫シンポ・石川氏作品の除幕式も
▼カフェ&レストラン「澁い」開店 Iターンで松代に移住の渡辺さんが
▼元ぶどう畑など1.2ヘクタール燃える 川西坪山の休耕畑で火災 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS