2017年 05月01日 (月曜日)

カテゴリー

« 独身男女の真剣お見合いを設定 ハピ婚サポートセンター開所 | メイン | 津南町議選・開票結果 »

無投票から一転、1人超過の少数激戦に 津南町議選に現新15人が出馬

151022_01.jpg

 任期満了に伴う津南町議会議員選挙が20日に告示され、定数14に対して現職14人、新人1人の15人が立候補、1人超過の少数激戦となっている。定数がこれまでの16議席から2議席削減される初の選挙となる。今回は序盤から立候補、候補擁立の動きが鈍く、告示直前まで立候補予定者が定数ちょうどで無投票が濃厚と見られていたが、告示2日前の18日になって引退を表明していた現職・中山弘氏が無競争阻止を訴えて立候補を表明、一転して選挙戦へと突入した。投票は25日午前7時から午後6時まで町内16投票所で行われ、午後7時から町役場で即日開票される。大勢は午後8時半頃に判明する見込み。19日現在の有権者数は8791人(男性4232人、女性4559人)。
(写真:街頭で第一声をあげる候補)
《本紙10月22日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月22日号は・・・・
▼明石の湯が入館者150万人を達成 開館から12年3ヵ月目で
▼市展賞に曽根(彫刻)蕪木氏(書道) 十日町市美術展
▼子育て支援が日本を持続可能にする 有村前女性活躍相が津南町で講演
▼女子・吉田が3年ぶりの優勝 中学校中越駅伝、南2位、男子は津南が準優勝
▼愛称の最優秀賞は「風の森」に 百年物語15周年と市民協働の森植樹
▼クラシックカーの勇姿に歓声 ラ・フェスタ・ミッレ・ミリアが通過〔AR動画あり〕
▼佐藤氏に県知事賞、柳氏に努力賞 きものブレインに勤務する障害者に
▼ごみ焼却灰から水銀検出 十日町市エコクリーンセンター
▼空き巣の疑い下条の男性逮捕 深夜の市内事務所から車など盗む
▼医療費還付詐欺3件を未然防止 十日町署が萩原夫妻に感謝状
▼にいがたの酒60蔵元が勢揃い 越路商事が十日町で初の酒の陣
▼南雲土建・南雲勝次会長逝去 建設業の労災防止活動に尽力 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS