2017年 02月27日 (月曜日)

カテゴリー

« スカイランタンが来場者を魅了 津南雪まつりに1万2千人の人出 | メイン | 東京五輪年春の開館目指す新博物館 総事業費約24億円、基本計画検討委が最終委員会 »

市臨時職員の8割は年収200万以下、非正規雇用の実態浮き彫りに 十日町市議会一般質問

090615_01.jpg

 十日町市議会3月定例会は7日から3日間にわたって一般質問が行われ、大嶋由紀子、小林弘樹、近藤紀夫、村山邦一、安保寿隆、高橋俊一、藤巻誠、小野嶋哲雄、鈴木和雄、小林均、太田祐子の11氏が市政全般に関する関口市長らの見解を質した。この中で安保氏は市臨時職員の年収の実態を問い質し、年収200万以下が8割に上るなど非正規雇用の実態が浮き彫りになった。
《本紙3月17日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月17日号は・・・・
▼新設の子育て教育部長に渡辺健一氏、企画政策課長には鈴木政広氏 十日町市人事異動
▼なんとサケ遡上は県独自調査に 第2回西大滝ダム下流水環境調査検討会
▼労働者が声をあげることが大事 連合十日町春闘総決起大会、非正規の労働条件改善も
▼消費増税、TPPを許すな! 3・13重税反対十日町集会
▼大震災から5年、震災復興に祈りを捧げる 追悼セレモニー「忘れない」開催
▼全町避難「双葉の桜」に想い託して 90歳の詩に十日町市の池田さんが曲つける
▼写真集「ブナと棚田の物語」を出版 市内尾崎出身の宮澤幸雄さんが
▼スカイランタンが来場者を魅了 津南雪まつりに1万2千人の人出〔AR動画あり〕
▼2万本のスノーキャンドル 幻想的な雪原カーニバル賑わう〔AR動画あり〕
▼越後松代冬の陣、のっとれ!松代城 晴天で過去最高の516人が挑戦
▼雪の運動会に昔懐かしい山ぞりが登場 蓑を身にまとい往時を偲ぶ〔AR動画あり〕
▼故高木亮一氏に瑞宝中綬章 千葉大学名誉教授、十日町出身 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS