2017年 10月18日 (水曜日)

カテゴリー

« 市臨時職員の8割は年収200万以下、非正規雇用の実態浮き彫りに 十日町市議会一般質問 | メイン | <参院選>水落敏栄参院議員が国政報告会 新潟選挙区は実質与野党一騎打ちか »

東京五輪年春の開館目指す新博物館 総事業費約24億円、基本計画検討委が最終委員会

160324_01.jpg

 東京五輪開催前の2020年春の開館を目指す「新十日町市博物館」の基本計画策定を進めている「新博物館基本計画検討委員会」の最終回が14日、市博物館2階で開催された。今後、同会、社会教育委員会、市議会の意見、3月下旬開始予定のパブリックコメント意見などを加え4月下旬に最終基本計画を定め、平成28年度に実施計画と実施設計策定を進め、29年度から建設工事に着手する計画だ。建設用地は当初、遺跡広場内3分の2の狭い3階建て構想から総体駐車場前側の広い道路角地(水田地)の2階建て構想に変更。遺跡広場内には駐車場も新たに整備する方針で、来客増による新たな賑わいの創造を目指している。
(写真:新十日町博物館の土地利用計画イメージ)
《本紙3月24日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月24日号は・・・・
▼衆参ダブル選挙に中原八一氏言及 自民党十日町支部総会、水落敏栄氏も故郷の支援訴える
▼総務課長に根津和博氏 津南町人事異動、退職22人、新採用10人
▼女性が65%、20・30代54.3% 第6回大地の芸術祭アンケート結果
▼全国農協中央会長賞を受賞 (株)ばんばが全国そば優良生産表彰
▼交通安全協会がチャレンジ100表彰 県内最多の715チームが参加
▼「元気で戻って来いよ」と声かけて 児童がサケ稚魚放流、今季は管内60万尾
▼春に向かって掘り進め! 名物行事「豪雪地面出し競争」、少雪でも熱戦〔AR動画あり〕
▼十日町版おもてなし英会話集完成 英会話が出来る商店街に大きな第一歩
▼「トンネルを抜けて青葉のふる里へ」 江村福二さんが自分史を出版
▼47年の歴史に幕を閉じる 川治保育園で閉園式を挙行
▼政策に若者の声を反映させよう 川西高で市選管が選挙出前講座
▼胸に迫る「とういちのひとり言」 本紙4面で不定期連載へ など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS