2017年 06月25日 (日曜日)

カテゴリー

« この歴史的な戦いに必ず勝利を 参院選新潟、初の野党統一候補の森裕子総決起大会 | メイン | まちなかを花と緑でいっぱいに キャンバスガーデンフェスティバル開幕 »

市民活動センターは異例の状況と反省 十日町市議会一般質問

090615_01.jpg

 十日町市議会6月定例会は13日から3日間にわたって一般質問が行われ、仲嶋英雄、村山邦一、宮沢幸子、羽鳥輝子、飯塚茂夫、太田祐子、藤巻誠、鈴木和雄、安保寿隆、小嶋武夫、大嶋由紀子の11氏が関口市長らの見解を質した。この中で安保氏が、グランドオープンが避難階段の関係で予定より遅れている市民活動センター十じろうについて質問したのに対し、関口市長は「異例の状況と反省している。関係者の理解をいただきながら事業を進めていく」と答弁した。また藤巻氏が原発に対する基本的な考え方を問い質したのに対し、関口市長は「県民の安全を第一とした泉田知事の対応は立派だと評価している」と答弁した。
《本紙6月23日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月23日号は・・・・
▼深刻化する水不足、きめ細かい対応を 津南町議会一般質問
▼作付不能含む渇水被害は71ヘクタールに 市は水稲渇水被害に応急支援事業
▼市議会で議員定数削減が審議され可決 現在の26人から2人削減して24人に
▼副町長に小野塚均前総務課長 津南町議会が賛成多数で同意
▼十日町法人会が平成28年度通常総会 「真田幸村から学ぶリーダーの資質」を講演
▼中里で固定資産課税の誤り判明 全容解明は9月末、12年分還付も
▼新水シェアハウス来年3月竣工 竹所に続く2軒目お試し移住の家
▼ハラール・ベジタリアンに 十日町小嶋屋、安心対応めんつゆ提供
▼継承と革新をコンセプトに いこてが1周年で創業祭
▼祖母の故郷で22年ぶりに個展 NGP津南で「書の天才少女」馮珊珊書画展
▼合鴨農法のお手伝い 鐙島保育園児が上村農園で〔AR動画あり〕
▼初の東北大会出場に期待膨らむ 十日町珠算学校田沢教室から3人
▼市内男性宅に包丁送りつけ 易者の男性を逮捕 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS