2017年 06月26日 (月曜日)

カテゴリー

« クロアチアとのホストタウン事業スタート ドラジェン大使迎えてキックオフ | メイン | 31年完成めざし新当間トンネル着手 関東圏からリゾート等への最短コースに »

和光市にクロステン首都圏営業所開設 精米販売中心に十日町をプロモーション

160728_01.jpg 160728_02.jpg

 十日町市の首都圏向けプロモーション拠点施設となる「TOWAKO」が23日、友好交流都市の埼玉県和光市に開設され、現地で関口芳史十日町市長や松本武洋和光市長らも列席し開所式が挙行された。マンションの1階1室を改修した同拠点の運営は、一般財団法人十日町地域地場産業振興センター(クロステン)が担い、最新型の精米機や大型の低温倉庫などを完備、主に十日町産魚沼コシヒカリの首都圏販売拠点となるほか、直接一般消費者に精米したばかりの同米販売も行う。またマーケティング戦略の中心拠点や新たな十日町ファンの開拓など、将来的には「多機能型地域商社拠点」の機能強化にも取組む方針を示している。
(写真左から:開所式と和光市駅前での十日町フェア)
《本紙7月28日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月28日号は・・・・
▼国宝・火焔型土器もリオ五輪へ 東京五輪聖火台採用に弾み期待
▼来年9月供用めざし起工式 西保育園の新園舎建設に着手
▼介護付き高齢者住宅を建設へ 苗場福祉会が川治に「ヴィラあかし」
▼県知事表彰に吉田女性部と金澤氏 県交通安全フェアで優良・功労者表彰
▼高橋組に優秀安全運転事業所金賞 従業員の交通事故率・違反率を評価
▼「コーン絶」で交通事故根絶を 夏の交通事故防止運動でトウモロコシを配布
▼長年にわたる地道な活動を称え 人権擁護委員の尾身、滋野さんに法務大臣感謝状
▼中国ハウス誕生や新企画展も 8月6日から越後妻有2016夏
▼夏とサンバがやってきた! 松代観音祭に8000人〔AR動画あり〕
▼7000人の人出で賑わった津南まつり 民謡流しやパレードなど多彩に楽しむ
▼自分磨きに役立ち無心になれる JA十日町女性大学でキックボクシング
▼カナダ在住のノエルさんが合格 母が十日町出身、短期間で珠算7級・暗算6級を
▼5年連続出場、ベスト8に期待 関真成、笠原龍、斎木翔太がわんぱく相撲全国大会へ
▼ARTISTAが初優勝 キッズサッカー魚沼柏崎地区で など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS