2017年 02月27日 (月曜日)

カテゴリー

« 和光市にクロステン首都圏営業所開設 精米販売中心に十日町をプロモーション | メイン | 津南町上郷で車が信濃川に転落 高齢男性が死亡 »

31年完成めざし新当間トンネル着手 関東圏からリゾート等への最短コースに

160804_01.jpg

 主要地方道・十日町当間塩沢線の仮称「当間トンネル」掘削工事の安全祈願祭が先月27日、野中側抗口前で執り行われた。延長487㍍の同トンネルや新野中橋を含む延長937㍍(当間〜野中)が全体改築区間となり、トンネルは総事業費約14億5千万円で平成31年3月完成、バイパス全体区間は同トンネル工事費を含む約24億円で同31年中の完成、供用開始を目指している。同区間が完成すると、1昨年11月に完成した広域農道4号線と合わせて、関東方面から大沢峠経由で当間高原リゾート等への安全な最短ルートとなり、観光周遊道路としての役割も期待されている。
(写真:新ルート概要図と新トンネル坑口部完成イメージ)
《本紙8月4日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月4日号は・・・・
▼松之山小中が法定「小中一貫校」に 来春から9年間の「英会話科」新設へ
▼「川西コラボ」でご当地グルメに挑戦 全国川西会議、若手職員体験型交流研修で参戦
▼障害者福祉施設を建設 津南町が旧ふれあいセンター跡地に
▼しぶみの家の事業移管の調印式 市社会福祉協議会から松代福祉会へ
▼八箇峠道路開通記念碑等を移転、除幕式 上沼快速道の進捗で八箇地区振興会が
▼前年度比減少も高い不登校率 市教委が小中の現状と課題示す
▼川の流れの不思議も解き明かす 清津峡ガイドボランティア発足
▼戦争、原爆の悲惨さありありと 地元学生も出演し8年ぶりに朗読劇「夏の雲は忘れない」
▼十日町情報館に「平和文庫」開設 原水禁協が匿名寄付活用し寄贈
▼十日町警察署が体験型就職説明会 地元高校生が指紋採取など体験
▼満開のひまわりに囲まれて ひまわりウエディングに十日町縁の清水さん夫妻〔AR動画あり〕
▼<県中総体野球>十中、北信越から全国を目指す 決勝で惜敗、9年ぶりの優勝逃す
▼十日町アスレチッククラブが白馬クロカンリレーで準優勝 村山愛美沙が区間1位
▼リオパラリンの樋口選手らを激励 市が北信越、全国大会壮行会 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS