2017年 08月23日 (水曜日)

カテゴリー

« <新潟県知事選>米山氏が初当選 十日町市・津南町開票結果 | メイン | 独自販売拡大を目指し核施設建設 JA十日町が利雪型低温倉庫・精米施設 »

新知事に野党系初の米山氏 原発争点に森氏を6万票差で破る

161020_01.jpg

 任期満了に伴う県知事選挙が16日に投開票され、原発再稼動問題を最大争点に挑んだ共産、自由(旧生活)、社民推薦で医師の米山隆一氏が、自民、公明推薦で前長岡市長の森民夫氏を6万3千票差の大差で破り、無所属新人4氏の戦いを制して初当選した。米山氏は現状での柏崎刈羽原発再稼動を明確に否定し、原発への県民の圧倒的な不安の受け皿となり圧勝、国が進めるエネルギー政策に大きな影響を与えそうだ。本県初となる野党系知事の誕生。一夜にして県議会野党となった自民党が約3分の2を占めており県政の混乱が予想され、原発問題に埋没した形の山積する県政の課題に対して、米山新知事の手腕が問われそうだ。
(写真:米山氏当選で万歳三唱を行う支持者)
《本紙10月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月20日号は・・・・
▽市民運動の輪を二重、三重に 米山陣営、連勝に手応えつかむ
▽肩を落とす森陣営 原発問題に足すくわれる
▽「泉田路線継承は賛成」と関口市長 新知事への期待も表明
▼<市展>市展賞に小川隆(書道)中豊和(現美)氏 写真は総合高の雲野茜さんが受賞
▼市総合戦略等を外部委員が検証 第1回市総合戦略等推進会議を開催
▼優秀施工者で国交大臣顕彰 蕪木板金の星名信行さんが“建設マスター”に
▼山田善一氏に瑞宝単光章 平成28年秋の危険業務叙勲で
▼妻有福祉会初のグループホーム エンゼルハウス北新田が開所
▼古紙とペットボトルでポイント イオン十日町店がリサイクルステーション開設
▼ふれあいの丘支援学校で出前教室 十日町建築組合青年部が
▼NPOが初の縄文カレンダー 美しい12枚に国宝火焔型土器
▼ギャラリートークで創作語る 彫刻の藤巻秀正氏が自作展で
▼陸上自衛隊が車両体験試乗会 中心市街地で行進訓練も〔AR動画あり〕
▼<中越中学駅伝>男子・津南、女子・南が2位 来月の県大会で全国大会に照準 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS