2017年 03月26日 (日曜日)

カテゴリー

« ★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞2月9日号 | メイン | 雪像舞台は竜宮城と国宝火焔型土器 17日から第68回十日町雪まつり »

山間地活性化の先進地として期待高まる せんだ元気ハウスが完成

170209_01.jpg 170209_02.jpg

 過疎高齢化が進む中、農業や伝統行事の担い手を育成することで集落の活性化、維持を図ろうという拠点施設「せんだ元気ハウス」がこの程完成し、3日に竣工式が執り行われた。施設は道の駅「瀬替えの郷せんだ」内に建設されたもので、同地区では仙田地区開発振興協議会、仙田創生協議会検討委員会が議論を重ね、今後の地域の在り方を模索してきた。こうした動きの中からまとまった再生計画が昨年3月、内閣府の地域再生法認定を受け、元気ハウスはその核施設となるもの。全国的に中山間地を中心に衰退が進む中、仙田地区の先進的な取り組みに注目が集まっている。
(写真:鍵の引渡しを行う関口市長と金子会長、完成したせんだ元気ハウス)
《本紙2月9日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月9日号は・・・・
▼<全中スキー>オール十日町で新潟が女子リレー制す 日向野凛香優勝、北井詩織は銀銅
▼<インターハイスキー>羽吹唯人(総合高)がフリーで王者に リレーは総合、十日町が共に4位
▼小林由貴が自己最高の10位に スキーワールドカップスキー距離複合
▼文化の総点検と再構築が重要と青柳前文化庁長官 越後妻有歴史文化活用シンポジウムで
▼松代地区から嵐主税氏が市議選に出馬 災害ボラ、地域おこし協力隊として移住
▼小林千詠美隊員が退任・活動報告 地域おこし協力隊の定住率は7割に
▼発生件数、傷者数は過去最少に 平成28年の交通事故、高齢者関与が57%占める
▼関口市長、上村町長が作成コーナー体験 確定申告で電子申告呼びかけ
▼<節分の日>温泉でホクホク豆まき 千手温泉千年の湯とキナーレ明石の湯で
▼涌井篤さんが2度目の栄冠に輝く 全日本マスターズレスリングで圧勝
▼市内初、小1で珠算3級に合格 十日町小学校の小林凱至君が など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS