2017年 12月16日 (土曜日)

カテゴリー

« 赤字拡大の津南病院、経営打開策は 津南町議会一般質問 | メイン | 市長選公開討論会は開催不可に 関口市長が公務理由に不参加 »

<市議会一般質問>「行財政改革に一定の成果あった」関口市長が2期8年間を総括

170316_01.jpg

 十日町市議会3月定例会は1日から16日までの会期で開かれ、一般質問は6日から3日間にわたって小林弘樹、大嶋由紀子、太田祐子、涌井充、村山邦一、藤巻誠、宮沢幸子、安保寿隆、小野嶋哲雄、鈴木和雄の10氏が行い、関口市長らの見解を質した。この中で藤巻氏が関口市政8年間の総括を迫ったのに対し、関口市長は「行財政改革には一定の成果があったと考える。166人の職員を削減し、これにより33億円の財源が生まれた」と述べ、市民サービスの向上、負担軽減に充てられたとしながら改めて成果を強調した。
《本紙3月16日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月16日号は・・・・
▼総務部長に笠原実氏を抜擢、市民福祉部長は柳久氏を起用 十日町市人事異動
▼消防長に根津正一氏 十日町地域広域事務組合人事異動
▼<市議選>川西地域から山口康司氏が名乗り 民生委員18年間の活動を市政に
▼森友学園はまだまだ問題深まる 自民党十日町支部大会で水落参院議員
▼里親・面積が日本一に 「まつだい棚田バンク」人気上昇
▼シェフら招き十日町食材提案会 クロステンが地域商社化で初開催
▼キャンドルで震災復興に祈り捧げる 十日町で追悼セレモニー「忘れない」
▼2万本のスノーキャンドル 雪原カーニバルなかさと、延べ8500人が感嘆の声〔AR動画あり〕
▼映画さながら夜空にランタン、ラプンツェルの小此木さんが歌 津南雪まつり〔AR動画あり〕
▼30回目の越後まつだい冬の陣 のっとれ!松代城に大いに沸く
▼日本の伝統文化を満喫 万葉の会主催百人一首大会に74人
▼分け隔てなくスポーツを楽しもう 市内で初めてパラリン種目・ボッチャ大会開催
▼夢を持って口にすれば応援も 南中50周年記念でからっぱこがコンサート
▼消防本部が人命救助で感謝状を贈呈 協力した相澤、鈴木、石塚の3氏に など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS