2017年 11月25日 (土曜日)

カテゴリー

« 市が避難準備・高齢者等避難開始情報を発令 | メイン | 中里芋川の清津川で水難事故 津南町の高校生が死亡 »

新十日町市博物館の実施設計まとまる 9月着工で平成32年6月開館へ

170706_01.jpg 170706_02.jpg

 東京五輪開幕目前の平成32年6月の開館を目指す「新十日町市博物館」の実施設計の概要がまとまり、このほど市議会総務文教常任委員会に示された。昨年末に示された基本設計に続いて設計作業が進められてきたもので、「国宝・火焔型土器のふるさとー雪と織物と信濃川」を全体テーマに、現在の市博物館と遺跡広場から道を挟んだ東側用地に建設される。今年8月中旬に入札を行い9月に着工を予定しており、全体事業費は23億8千万円を見込んでいる。
(写真左から:新博物館外観と導入展示室の完成イメージ)
《本紙7月6日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月6日号は・・・・
▼市内でも7・3大雨被害が発生 橋崩落や土砂くずれ、自主避難者も
▼必ず日本一にと大沢日本食研会長 津南町森林組合が創立50周年式典
▼輸送人員は前年比1万5千人の減 北越急行(株)が平成28年度決算発表
▼糸魚川市大火には復興へのバックアップを 米山知事が定例会見
▼組合の解散も視野に議論進める 接客業者防犯組合、池田新組合長が問題提起
▼総理官邸で女性のチャレンジ賞受賞 市内移住女子の佐藤可奈子さんが
▼職業紹介認可取得、会員100人超え 女性の仕事マッチングサイト「ママ人財」好調
▼一般は水落、少年少女は保坂さん 十日町小唄日本一大会、地元勢が制覇〔AR動画あり〕
▼川治小が前人未到の9連覇、全国大会へ 交通安全子ども自転車新潟県大会
▼「橅若葉背にふるさとはあのあたり」 清龍寺句碑公園で小川公巴句碑建立10周年俳句大会
▼地域に出かけコラボバッジ制作 ふれあいの丘支援学校中学部 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS