2018年 10月22日 (月曜日)

カテゴリー

« 初のオール野党と市民連合の会 米山知事を支える十日町・津南の会設立 | メイン | 十日町道路は「Cルート帯」に 上沼快速道路・八箇―北鐙坂間 »

中条第二病院の新築整備は再延伸に 補助金大幅減で、最悪は撤退も

171214_01.jpg

 新潟県厚生農業協同組合連合会(厚生連)の菊池正緒理事長は11月28日付けで、新潟県厚生連労働組合に対して「中条病院の機能見直しについて」を文書で通知した。平成28年4月から精神科の特別交付税の取り扱いが地元自治体から県に移管となり、補助金が大幅に減額された事から、2021年10月に開院予定としていた中条第二病院の新築整備は、県・地元行政等と継続協議を行う事とし、当分の間再延伸とする、というもの。補助金増額などの中条第二病院の経営改善策が進まない場合は、最悪のケースとして十日町市から撤退、小千谷病院に併合される事が予想される。
(写真:新築整備が再延伸された中条第二病院)
《本紙12月14日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月14日号は・・・・
▼〈市議会一般質問〉県立看護専門学校定員確保は可能 笹山遺跡で平成30年から発掘調査
▼十日町から日本一の米を目指し JA十日町が米屋五郎兵衞販売記念イベント
▼尾身県議の後援会総会・交歓会 衆院選と重なり延期して開催
▼国際コンクールで最高の金賞 米・食味分析鑑定コンクールで上村一昭さんの有機米が
▼山崎喜久一郎氏の球形スピーカーが優秀賞 大光銀行ビジネスコンテストで
▼市職平均は75万円、町職平均は62万円 公務員に冬のボーナス
▼「下条みよしの湯」が27日で閉館 利用者減で経営難、後継者模索も
▼十日町支部が最優秀支部賞受賞 全日本写真連盟支部対抗戦風景部門で
▼トップレベルの技を体験 剣道県代表が中里で稽古会〔AR動画あり〕
▼JAXA大西宇宙飛行士が講演 中学1年生を対象に市が主催して
▼桂歌助師匠が名人芸で魅了 後援会寄席で「尻餅」披露
▼田中町本通りで住宅全焼 消火作業中の消防士2人が重軽傷 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS