2018年 08月20日 (月曜日)

カテゴリー

« 十日町道路は「Cルート帯」に 上沼快速道路・八箇―北鐙坂間 | メイン | 注目の「児童遊園」基本設計示す 屋内施設は平成31年秋開設をめざす »

町立津南病院の改革10項目を答申 病院運営審議会が「赤字50%削減目標」を

180111_01.jpg

 2年連続5億円を超える赤字が続いている津南町立津南病院の今後のあり方や抜本的解決策を、2月に上村憲司町長から諮問を受け12回に及ぶ協議を重ねてきた「町立病院運営審議会」(風巻光明会長、委員7人)による答申書が先月25日、上村町長に提出された。同答申書では具体的な10項目の改革提案を行い、その上で「立地上、どのように縮小や転換を図っても黒字になることが極めて難しい」と指摘し、現赤字幅を半分程に圧縮し、町単独の赤字補填額を1億5千万円程(国交付金含むと2億5〜6千万円)に抑制が当面目標と示した。答申書を受け取った上村町長は、喫緊の課題として新年度に改革提言の具現化を進めると同時に、さらなる改革検討も続ける意向を示していた。
(写真:上村町長に答申を渡す風巻会長と石田副会長)
《本紙1月11日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月11日号は・・・・
▼中条第二病院は厚生連と協議を進める 米山知事が新春記者会見
▼自信を持って大胆にチャレンジを! 関口市長が芸術祭を例に訓示
▼今年は成果を町民に示す年 上村津南町長が仕事始めに訓示
▼農泊食文化海外発信地域に認定 関口市長が定例会見で発表
▼十日町市と県の基本計画を国同意 地域未来投資8分野に各種支援策
▼「きもの月間」を設け産地を発信 十日町織物賀詞交換会、きものGOTTAKUに期待感
▼きもの姿でGOTTAKUをPR 5月の初開催に向け十日町地域振興局
▼ムラオとトリムコーポレーションが商品賞を受賞 モンドセレクションアジア版で
▼県内初の協会加盟ジムきょう開設 ボクシング・天翔ジム、十日町から世界王者を
▼全国から563人が走り初め 新雪マラソン大会/過去最高の230人が参加 川西元旦卓球大会
▼気合いで心身を鍛え健闘誓う 空手道西空館が寒稽古 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS